LINEスタンプというとどうしても販売して売上を求めることに目が行きがちですが
個人間でのプレゼントとしても大変優れているんです。
友達の好きな要素を入れてあげたり家族をキャラクター化したり記念メッセージを入れたり…
身内ならではの遊びも出来てしまいます。

またLINEが普及した今だと何かの集まりや習い事グループ全体で使用するという事も出来ると思います。
今回はそんなオリジナルLINEスタンプをプレゼントする際どういったものを作れば良いのかを贈る相手ごとに述べていきます。

・家族へプレゼントする場合

手作りスタンプならばお金が掛かりにくいことや手間をかけたことが伝わりやすいこと、なにより
これからLINEで使っていけることを考えると誕生日を初めとした記念日に贈る家族プレゼントとしてもお勧めです。
特におじいちゃん、おばあちゃんに贈ってLINEデビューさせちゃうなんてこともできるかも。

また、親から子に贈るパターンも家族関係を良好にしやすい効果があります。
実際にLINEスタンプを贈ってみたら毎日の連絡がより親しみやすいものになって子どもとの距離が縮まったという意見もよく聞きます。
愛情表現の手段としてLINEスタンプは言葉と違って非常に扱いやすいわけなんですよ。

このような家族で使うタイプのオリジナルLINEスタンプ作成事例も年々増えています。
あなたの家族でもオリジナルLINEスタンプを作ってみませんか?

家族用スタンプの工夫としては贈る人達に似ているキャラクターを作ってみたり
使いやすいようにほんわかしたイメージにすること。
LINEスタンプでは写真は審査の段階でNGとなってしまいますので手書きイラストなどから作る必要があります。
専門業者に頼むと簡単に作りやすいですがツールなどを使って作ってみても良いでしょう。
スタンプ審査には最低2~3ヶ月はかかりますので余裕を持って準備をしましょうね。

・友達関係に送る場合

友達の好きな物や思い出を表すような要素があると感慨深いLINEスタンプになるかも。
できればあなたとの共通の思い出ネタを参考に作ると話題の種になったりさらなる親交を得やすかったりします。
プレゼントするタイミングは誕生日や学校の卒業などイベントの数だけ沢山ありますからその時期にあわせて作るといいですね。

加えて相手の年齢が若い場合は出来るだけ年相応にくだけた内容のスタンプだと贈られた方も使いやすいのではないでしょうか。
実用的な細かい感情パターンのスタンプもあれば市販のLINEスタンプを買う必要が無くなるかも。

一人ではなく部活やサークルなど先輩後輩に配ったりすることであなたの印象も良くなるはず。
作る時には長年愛用してくれるようなスタンプにしたいですね。

・何かの集まりやイベントの記念品にする場合

家族や友達など以外でも長年一緒に頑張ってきた地元の付き合いなどがあるはず。
そういった繋がりにもオリジナルLINEスタンプをプレゼントするのは有効です。
シンボルとなる要素を入れたりその地域ならではの特色にしたり
幅広い工夫が楽しめますよ。この手のスタンプは記念品的な意味合いを持つため実用的でなくてもあまり問題ないのがポイント。
楽しさ重視で作ると良いでしょう。

多人数用に作るなら贈る人達と一緒にアイデアを考えても面白いです。
何かの宣伝用にプレゼントするのも現在ではよく見られますのでゆるキャラスタンプなど様々な事例を調べてみると新たな工夫のきっかけになるかも。
年度別の学校の繋がりや会社、習い事グループ、など様々な交友関係に是非作ってみてください。

誰でも手軽に作れるようになり用途も多様化してきたオリジナルLINEスタンプ。
プレゼントにして相手に使ってもらうという方法は現代のコミュニケーションの一つとして成り立っています。
市販のものではなくオリジナルのスタンプを送ればきっと相手との仲は特別なものになるはず。
是非一度試してみては如何でしょうか。

みなさんはLINEスタンプを利用したことが有りますか?
LINEの普及が進むに連れ人気が増えていったLINEスタンプ。
近年においてのLINEのコミュニケーションでは欠かせないものとなり、またある種の
ステータスとして集める人も出てきました。
そんな人気のLINEスタンプの人気の理由をご紹介します。

・絵文字よりも表現が豊富だから

まず注目すべきは既存の絵文字とは違うスタンプという点でしょう。
それまではいくつかのパターンの絵文字を混ぜあわせて感情表現していたものが
たった一つのスタンプで済んでしまいしかも種類も無数にあるわけですからある種の新鮮さと実用性が受けたわけです。

他にも別々のスタンプを組み合わせて使うことでユーザー間で遊びやすくなり、自分らしい使い方が出来ることや年齢層を選ばないような簡単な利用の仕方ということなども
好まれる理由に加えて良いでしょう。今や全ての世代の人がLINE、ひいてはLINEスタンプを使用しているといえます。

でも、絵文字よりも表現が豊富というだけで注目される理由になるの?と疑問に感じる人もいることでしょう。
しかし、お互いの時間を消費するチャットにおいて楽しさを演出することはネット文化の発達と共に非常に重要な事だったんです。
特に繋がやすくなった今現在ではスタンプのやり取りが付き合いを分けるといっても過言ではありません。
初対面では特にLINEスタンプの有無でやりとりに慣れているかノリの良い人か判断しやすくなっています。

・誰でも制作や販売ができるから

もちろんLINEスタンプの表情の豊かさだけではここまで人気にならなかったでしょう。
誰でも出来るスタンプ制作や販売して利益を得られるという所がクリエーター心をくすぐったという点も理由としてあります。
元々LINEを使用する世代として20代~10代後半がメイン層で存在していたのでスタンプ制作に興味を持つ人も新作を求める人も
数多くいました。そして需要と供給が活発になり、LINEスタンプ市場というものが出来上がることでそれまで興味のなかった人からも注目を浴びるようになった、というわけです。

加えて認知度が上がると金銭が得られるという意味で副業的な側面にも注目され、専業で制作する人や製作代行の会社まで登場し
現在のような人気ぶりを誇るようになっていきました。

・コレクション性もあるから

お気に入りを集めるといったコレクション性というのも若い女性を初めとして広く好まれました。
流行りの着信メロディを集めるブームが携帯電話の場合よく起きますが、それと同じように流行りのLINEスタンプを集めるということも
流行として起きたわけなんです。お気に入りの作者さんの作品を集めてみたり面白い系で探してみたり……
実用性に関係なく集めるという人も今でもよく見かけます。
また最近ではスタンプ紹介の雑誌やサイトなどの情報メディアも多数登場しておりそちらの効果でコレクション的人気も更に高まっています。

もちろんLINEスタンプの人気はLINE自体が大多数に受け入れられたという点が大きいです。
その範囲は日本のみならず海外に及ぶわけですから相当のものだといえるでしょう。
しかしLINEスタンプにおいても紹介した事柄の要素を踏まえ老若男女全てに受け入れやすいものだったという事柄は見逃せません。
これからのLINEスタンプの更なる人気ぶりがLINEでのやりとりにどう影響を及ぼすのか気になる所です。

皆さんはLINEスタンプを作ったことがあるでしょうか?
近年はツールや業者に頼むことにより誰でも簡単に作れるようになりましたね。

LINEの使用が一般的になるにつれて増加するこのLINEスタンプ作り。
でも実際作ってみると使い心地などの関係でイマイチ…といった声も結構聞きます。
では、使ってもらえるLINEスタンプはどうすれば作れるのか、3つの項目に分けて説明します。

・状況や用途を想定する

一番大事な点としてまず、どういった状況で、どのタイミングでLINEスタンプを
使うのかということ。
困ったときには困ったスタンプを、嬉しい時には嬉しいスタンプを使うのは当たり前のことですが
一からスタンプ制作をした場合自分の好みを重視しすぎて使うタイミング想定することを忘れがちです。
結果として似たり寄ったりの物が多く出来てしまったという経験も製作者の方なら一度はあるはず。

こういったパターンにならないために重要なのは汎用性の高い状況での用途を意識すること。
基本的には喜怒哀楽といった感情表現から方向性を決めていきましょう。
人が誰しも持つ感情に沿ったものならばどんなに捻ったものでも送る相手にとってある程度の共感は得られやすく
使う機会も多く存在します。

シュール系の笑いを誘うようなスタンプはこの考えから外れやすいですが
こちらも最低限使い所を考えると面白さもアピールしやすいでしょう。
せっかく作っても使うタイミングが無い!なんてことにならないようにしましょうね。

・それぞれ差別化出来ているか

LINEスタンプの良い点はやはり感情を大きく表せることです。
文を打てば淡々と伝わるものがスタンプを使うことによりテンションの高さを
感じさせることが出来ます。
このような感情の浮き沈みを表す要素はLINEスタンプにとって重要な要素といえますので
出来るだけ一つ一つのスタンプの個性が際立つように差別化しましょう。

絵柄にも寄りますがコツとしては出来るだけ喜ぶ時のスタンプは少し膨張表現気味に明るさを表現し悲しい時のスタンプは
逆に実際の悲しみ具合に沿ったものを作ると見る側に喜びや悲しみが伝わりやすいスタンプとなります。

もちろん悲しいという感情一つとっても、少しなのか、それとも物凄く悲しいのかといった段階がありますので
1~3つほどに表現を分けるとなお使いやすいでしょう。
多すぎてどのタイミングで使えば良いのか、使いたいスタンプが2個あっていつも迷う、なんて状況が起きないように
気をつけてくださいね。

・送られた人が喜ぶような物を心がける

当たり前だと感じる方も多いと思いますが作る事に慣れてない方にとっては意外に
難しいことなんです。ちょっとしたウザかわ系のスタンプを作るとしても
これが守れていないとやりとりでのトラブルや誤解の元になります。

どんな意図のスタンプであれ相手を喜ばせることを踏まえて制作することが
愛されるスタンプの秘訣となります。
そのためには女性受けがいいもの、男性受けがいいものを相手の反応をみて探ってみるのも良いかもしれませんね。
そうした経験はきっと次の制作に生かされることでしょう。

際どい表現のスタンプを作る機会があるかもしれませんが性別や年齢によって受け取り方が違うので
作る前にはきちんと思案してみてください。
ネットのやりとりが今後の付き合いに影響を及ぼす可能性も今の時代十分にあり得ます。

LINEスタンプは作る人によって色んな個性が出しやすいもの。
せっかく自由に作るのですから自分の個性を残した上で使いやすいLINEスタンプを作って欲しいと思います。
そのためには是非上記の事柄を参考にしてみてくださいね。

LINEスタンプはLINEでのコミュニケーションにおいて使用者の印象に大きく関わるもの。
タイミングによっては好感を持たれたりする一方、場合によっては相手の機嫌を損ねてしまったりということも。
今回はそういったLINEスタンプのメリット・デメリットをご紹介します。

LINEスタンプのメリット

・親しみが湧きやすい

可愛らしかったり、時には笑えてしまうようなスタンプを使うことで
相手から好感が得られやすくなります。
また文字だけだと気難しいイメージを与えがちですがLINEスタンプで明るく振る舞うことで
自身の印象を調整しやすいというのもあります。

ネットで知り合った方だと特に距離感がつかめなくて、いつまでたっても敬語や
余所余所しい感じになりがちです、時にはそのことでトラブルが起きたりするかもしれません。
しかし楽しさを感じるLINEスタンプを使用していくことによりそういった状況を改善できた例は多くあります。
異性と交際に発展したり、友達と飲みに行く中になったり……そうしたきっかけはLINEスタンプからも生まれるのです。

・忙しい時にはLINEスタンプで簡単に意思表示しやすい

忙しくて文字でのやりとりをしている場合じゃないけど連絡をしなければいけない
そんな時にもLINEスタンプは有効です。
日常的な会話や繰り返し使う言葉など面倒なこともスタンプを押すだけで解決。
現在ではそのような用途のスタンプも多数販売されています。

災害などの緊急時の連絡としても同様に使えますので
家族で連絡がすぐ取り合えるように
普段使う用途とは別に文字の付いた連絡用スタンプがあると良いかもしれません。

・文章で気持ちを伝えられなくても思いを伝えやすい

人に謝る時ほど言葉にしづらいもの、でも謝罪の気持ちを表さなければいけない……。
そんな時にはLINEスタンプを使って気持ちを表すと良いでしょう。
スタンプでワンクッション置くことで話しやすい雰囲気にできたりします。

もちろん恋愛にも、特に告白の場面は勇気がいると思います。
そんな場面でもスタンプを合間合間に使うことで相手と自分の緊張をほぐしながら好意を伝えることが出来るでしょう。
LINEスタンプを使わないで告白するのと比べると使ったほうが成功率が高いという意見もよく聞きます。

LINEスタンプのデメリット

・仕事関係では悪影響も

近年では会社連絡でもLINEを使用するようになり上司や部下などがより身近な存在となりました。
そのためくだけた反応や面白半分のLINEスタンプを送りがちですがあくまでも仕事関係の人間として
意識してください。LINE自体はツールとして仕事でも利用されているもののスタンプについては
私用のものという認識がまだ根付いています。
会社で使用が認知されているスタンプならともかく一般で販売しているものや手作りのものは
業務連絡をするような場に適さない事が多いです。

上司には勤務態度の一環として見られている場合もありますので
大事なことを伝える時にはLINEスタンプではなく文面でしっかり伝えて下さいね。

・空気を読めないと思われることも

面白いLINEスタンプだからといってすぐ連続で使ってしまったり相手の反応を遮るような使い方を
してしまった経験はありませんか?
LINEにおいてはお互いのやりとりが重要で、ネットで知り合った人などは些細なやりとりから
あなたという人物像をイメージしやすいです。
スタンプばかりだと意思疎通が出来ないと感じられてしまうかもしれません。

LINEスタンプは気軽に送れる分、その意味や相手に送る印象などを忘れがちです。
文字によるフォローも時には必要でしょう。
マナーを守って家族や友達、恋人などと良い繋がりを構築して欲しいと思います。

今話題のLINE、実は仕事の場でも使われ始めているってご存知でしたか?
少し前までは会社や仕事関係でのLINEはふさわしくないとされてきましたが
連絡手段に優れているとして採用されることが多くなったんです。
しかしそうした会社や仕事で使うLINEにもやはり好まれる条件や守るべきマナーが存在します。
それは一体どんなことなのか。中でもスタンプの使い方を中心にご紹介します。

・業務に関する文字付きのスタンプがあると良い

仕事で使うからにはやはり仕事が完了したことやトラブルが発生したことを伝える文字が付いている必要があります。
文字でなくわざわざスタンプに拘る理由として忙しい中での連絡や同じ動作の報告において優れているという点が挙げられます。
そのため普段一般に使われるような「いいね!」のような軽い意思表示はこの場合余り必要ありません。
イエス・ノーをきっちりと示すスタンプが好まれるでしょう。

もしオリジナルLINEスタンプとして作るのであればスタンプ同士のやり取りだけで仕事の報告が済むようなものであると良いですね。
専門用語もいれる際は使用している人がしっかりとその言葉を理解できているかどうか考慮してください。
一見考えると些細な事ですが上手くスタンプ使用できると文字を打たなくて済むどころか仕事に対しての効率化や繰り返し連絡のストレスなどを
だいぶ軽減できます。

出来ることなら社風や仕事内容に沿ったイラスト+文字で構築されていて社員全員が使うようになれば
連帯感も生まれるかもしれませんね。

・マナーを弁えた作りが良い

仕事でスタンプを使うにしてもそこはしっかりマナーを弁える場、社長クラスにも送ることを想定できるような
スタンプにするべきです。一部の人だけ理解を示されるようなスタンプではいけません。
絵柄はできるだけキャラクターものは避け、非常階段やお手洗いの表示につかわれるような
ピクトグラムテイストの簡素な物が良いでしょう。

上司から部下に送ることも想定するとある程度の言葉の重さを伝えるイメージは必要になってきます。
一応言葉の代弁としてスタンプを使うわけですから部下が見ても心が引き締まるようなデザインが望ましいですね。

こうした理由からファンシーな雰囲気の物は良くありませんが会社のシンボルキャラクターとなると話は別です。
会社や仕事でのキャラクターを使うことで社内でのLINEスタンプの導入の認知度は格段にアップしやすくなりますし
何より上司へのスタンプ使用許可も取りやすいです。もちろん会社の宣伝としても使えますよ。
・報告連絡相談のバリエーションは必要

仕事でLINEスタンプを使う場合、基本的になるホウレンソウ、つまり報告連絡相談の種類は必要不可欠です。
これが出来るのと出来ないとではLINEスタンプをわざわざ利用する意味も全然違ってきます。
あくまで文の手間を減らすためにLINEスタンプを打つわけですからね。

加えて細かい意思表示に使えるものがあれば併用もしやすいです。
オリジナルLINEスタンプの場合は日常的な会話で使うような喜怒哀楽を初めとした感情表現がいらない分そういったパターンを増やすと良いでしょう。
特にお疲れ様ですといった普段使うねぎらいの挨拶もあるとやりとりもスムーズになります。
細かい心配りが嬉しく感じやすいのは文面でもスタンプでも同じことですのでその点しっかりと考えておきたいですね。

仕事でLINEスタンプを使うということは近年まだまだ始まったばかりで
理解も得られにくいこともあるかもしれませんが業務の効率化に役立っている事例も多々あります。
会社や仕事にLINEスタンプを導入して個人間のやりとりをさらに親しみやすく、簡単にしてみては如何でしょうか。